【もぎ取りたくなるほど辛い】授乳後の不快な痛みは乳腺の詰まりが原因だった!!

子育て
この記事は約3分で読めます。

授乳後のきゅーっとなる不快な痛みに悩んでいませんか?

「これは母乳が作られている痛みだ、我慢我慢・・・」と思っているそこのアナタ!

危ないですよ。

私は今1歳2カ月になる息子を育てています。まだまだおっぱい大好きマンで寝る時はおっぱいがないと寝れません。

なので授乳をするというよりも寝かしつけの為・精神安定の為といったところでしょうか。

題名にもある通り、最近授乳後右胸が針で刺されたような痛みが2時間も続きもぎたいくらい不快な痛みかつ痛すぎて鳥肌が立つほど。つらい…

これが続くと思ったら居ても立っても居られず初めて有料の母乳相談室へ行ってきました。

スポンサーリンク

授乳後に起こる痛みの原因は乳腺の詰まりだった

結論からお話すると、乳腺が詰まっていました。

母乳マッサージを始める前から触った瞬間

先生「シコリがあるねー。ちょっと詰まってるかなー」

私「え??」

まさか詰まっているなんて思ってもいなかったので唖然でした

なので母乳が作られる痛み=乳腺が詰まっている為母乳の通り道を邪魔をして痛みが出ているという事でした。

母乳マッサージをしてもらいなんとか古い母乳は出せたんですが

ただ何カ月も蓄積させたものをこの1回だけではなんともならないのでとりあえずっていうところですね。

【補足】白斑という存在が邪魔をしていた

ネットで色々調べていたら出てきたのがこの「白斑(はくはん)」

これも私には関係ないやと思っていたらまさかの自分にもあったみたいです。

見た目は白いニキビのようなもので

なんと乳管を塞いでしまうというから怖い。

治し方も調べてみると色々ありましたがやはり一番は母乳マッサージで無理なくとってもらうのがベストの事です。

針を刺して通りをよくするとか書いてあったけどほんとにそんな事する人いるの?って思うくらい恐ろしい。※絶対にやらないでください。

ただ

子供はそこから吸い出すことが出来ないので詰まっていく一方です。

一番はもちろん母乳マッサージに行くことですが、お金もかかるし子供もいるので中々いけないと思います。

なのでその部分を自分で絞ってあげる事が重要です。※無理は禁物です。

授乳の際に気をつける事

授乳は片乳1分ずつで飲ませる。それでも欲しがったらまた1分ずつ飲ませてあげるとのことでした。

あとは授乳の回数を6回くらい増やしてあげる。

※我が家は断乳の相談も込みで相談に行っているので皆さんに当てはまるものではないです。

そして、飲み終わりは2分ずつでいいので絞ってあげる事。

自分で痛いと思ったところを重点的にやるといいそうです。

飲み残しは残さないと出産直後からネットで見ていましたが

1年経ってそれが大事ときづくなんて・・・母乳問題は切実です。

【まとめ】痛みがあるならすぐに母乳相談へ

何か痛みがあるなら母乳相談へすぐ行って下さい!

私のように母乳が出来ている痛み(だと思って)悩んで居る方は今回の件で調べてみると結構居るなと思いました。

そしてまた自分自身が乳腺が詰まっているなんて思ってない方が大半なんじゃないでしょうか?

2人目、3人目と子供を望んでいるのならば母乳は1人目で終わった状態からスタートになります。都合よくリセット!とはならないそうなので

ぜひ相談へ行ってみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました